東京・神奈川・埼玉・関東全域対応:弁護士・税理士・社労士・弁理士などの専門家集団による企業支援のプログレスです。

国際特許出願

こんにちは、弁理士の馬場です。

今日は、国際特許出願、という制度を簡単にご紹介いたします。

 

日本以外に、米国や中国など、世界各国で特許を取得したい場合、

各国に直接出願する方法の他に、「国際特許出願(PCT出願)」という制度があります。

 

この制度を利用すれば、日本の特許庁に日本語で出願でき、

その出願日は、世界各国における出願日として扱ってもらえるのです。

 

ただ、「国際特許」という「特許権」を付与する制度ではなく、

あくまで世界的に出願日を確保する制度です。

 

ですので、世界のいずれかの国で権利を取得する場合には、

その後に、それぞれ各国に翻訳文を提出して、審査を受ける必要があります。

そういう意味では、各国に出願する場合とあまり手続は変わりません。

 

ですが、国際特許出願を行うメリットがいくつかあります。

 

1つは、国際出願日(優先権主張している場合は優先日)から

各国に手続を行うまでの期間が、2年6カ月ある、ということです。(優先日については説明を省略します)

逆に言うと、国際出願日(優先日)から2年6カ月まで、翻訳文を提出する期間を延ばせるわけです。

それまでに各国毎の事業の進み具合を検討したり、特許性を精査することで、

場合によっては手続を行う国を絞ることができ、翻訳費用や手続費用を節約することができます。

 

もう1つは、国際出願を行うと、自動的に2,3ヶ月で国際調査というものを

日本の特許庁で行ってもらえます。

この国際調査によって、早期に特許権を取得できるかどうかを判断できるわけです。

そうなれば、上述同様に、2年6カ月までに、どの国で権利を取得するかどうかを

決めることができ、翻訳費用や手続費用を節約できるわけです。

 

ただ、国際出願のデメリットとしては、国際出願時にかかる費用が高い、ということがあります。

 

以上のように、早期に特許性がわかったり、各国手続を先延ばしにできるなどのメリットがありますので、

外国での権利化をご希望の場合には、国際特許出願も検討されるとよいでしょう。

 

LLPプログレス

弁理士 馬場資博

ご相談、お問い合わせはこちらからどうぞ

http://progress-llp.com/inquiry/

 コメントをどうぞ



 
LLPプログレスのご案内

【名称】 有限事業責任事業組合プログレス
【サービス】
 各種法律相談、手続の代理
 (法務、税務、知的財産、登記、労務など)
【メンバー】
 税理士 海野裕貴
 弁理士 馬場資博
 不動産鑑定士 河野栄一
 その他、弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士等
【対応地域】
 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県等、
 関東全域

ブログカレンダー
2017年6月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930