東京・神奈川・埼玉・関東全域対応:弁護士・税理士・社労士・弁理士などの専門家集団による企業支援のプログレスです。

クレームと士業 | 税理士海野

プログレス代表の税理士海野です。

またか。。ある士業へのクレームをきいた。

クオリティ、顧客対応、値段について

かれこれ何件きいただろうか。

(私が金融機関にいた頃には税理士のクレームが多かった)

しかし残念なことだが

その士業本人へこれらのクレームはなかなか届かない。

なぜか?

指摘する立場にたてば分かる。

プライドを傷つけまいという心遣いと優しさもあるし、それがマナーでもある。

そして士業は「先生」。

周りの人がいる場では立場も考えなければならない。

ましてや彼らの教育的立場にいるわけでもない。

指摘する立場としては何とも面倒くさくもなるだろう。

そんなことでたいてい士業にクレームは届かない。

だがしかし

こういうクレームが士業に届くこともまれにある。

それは

タイミングをみはからい(つまりタイムラグがある)

オブラートに包んで、傷つかないように(つまり遠回しに、ほわんと)

難解なヒントという形(つまり核心をつかず)で。

だからそんな士業がその難解なヒントを

今後の糧にしようと思えば

その状況とその言葉の核心を

行間から読み解く能力が必要になる。

でも、そういう能力は

何度となく先輩やお客様等からガツンと脳天を打ちのめされ

はなっぷしをへしおられるような

貴重な経験を重ねたりしないとなかなか身に付かない。

行間を読むのはなかなか難しい。

そしてクレームは繰り返される。

でもクレームは宝。

クレームはどんな優秀な士業でも一度や二度は必ず受けているはず。

だからこそ

クレームがどんどん本人に入ってくる風通しのいい士業

クレームの行間を読める士業

こんな士業はのびるだろうし、これから求められる士業なのだろうとも思う。

自分は大丈夫だろうか?

色々なお客様を思い浮かべて

色々なパートナーを思い浮かべて

一つ一つの行動を思い返す。

お客様から

「それは駄目だよ」と

ずばっとそういってもらえる士業は

きっと成長できる士業にちがいない。

そのためにはどうしたらいいか?

真剣に考えなければならない。

うみの

 コメントをどうぞ



 
LLPプログレスのご案内

【名称】 有限事業責任事業組合プログレス
【サービス】
 各種法律相談、手続の代理
 (法務、税務、知的財産、登記、労務など)
【メンバー】
 税理士 海野裕貴
 弁理士 馬場資博
 不動産鑑定士 河野栄一
 その他、弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士等
【対応地域】
 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県等、
 関東全域

ブログカレンダー
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930