東京・神奈川・埼玉・関東全域対応:弁護士・税理士・社労士・弁理士などの専門家集団による企業支援のプログレスです。

火事物件(不動産鑑定士 河野)

現在、某県内にて、火事物件の仲介(売り主側)をやっています。

昨日現場を見てきたのですが、散々たる状況・・・。
室内は焼けたままの状態で放置され、屋根や窓は消火の際に壊されたまま放置され、
築30年程度で、すでに廃屋状態。

このままでは気味も悪いし、縁起も良くない。
売れっこない・・・。

でも売らないとならない。
知恵が必要になる物件です。

 
ちなみに、私は数年前には自殺物件を扱いました。
首吊りです。

持ち主は身寄りがなかったため、死後3年程度発見されなかったため、
それは、もう、言葉では言えないような悲惨な状況でした。

これらは「忌み物件」と呼ばれまず。
心理的瑕疵があるため、通常の値段では売れません。

でも、値段を下げていくと売れるんです。
多くは転売目的のようですが・・・。

個人的にはこの手の物件には手を出さない方が無難だと思います。
君子危うきに近寄らず

不動産鑑定士 河野栄一

 コメントをどうぞ



 
LLPプログレスのご案内

【名称】 有限事業責任事業組合プログレス
【サービス】
 各種法律相談、手続の代理
 (法務、税務、知的財産、登記、労務など)
【メンバー】
 税理士 海野裕貴
 弁理士 馬場資博
 不動産鑑定士 河野栄一
 その他、弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士等
【対応地域】
 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県等、
 関東全域

ブログカレンダー
2017年4月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930