東京・神奈川・埼玉・関東全域対応:弁護士・税理士・社労士・弁理士などの専門家集団による企業支援のプログレスです。

特許まで5年以上・・(弁理士:馬場)

こんにちは、弁理士の馬場です。

 

最近、弊所では、特許の中間処理案件が急増してきました。

「中間処理」とは、出願した案件が審査されて、

登録できない場合には拒絶理由が出されるのですが、

それに対して反論する、という手続きとなります。

 

この中間処理、特許出願の場合、

出願してから5年を経過したものが多いのが難点で、

内容を思い出すのが一苦労です。。。

 

なぜ、5年を経過したものが多いかというと、

特許は出願しただけでは審査が行われず、

審査を希望する場合には審査請求という手続きを行うのですが、

その期間が、出願から3年間あります。

そして、審査請求から実際に審査結果がでるまでが、2年~3年。。

このため、多くの特許出願で、5年以上経過した後に、

はじめて拒絶理由が出ることが多く、反論手続きを行うことになるのです。

 

これだけ期間が長いと、特許出願を行ったことすら

忘れてしまうお客さんもいますね。。

もう少し、審査期間が短くなるといいのですが・・

 

LLPプログレス

弁理士 馬場資博

 コメントをどうぞ



 
LLPプログレスのご案内

【名称】 有限事業責任事業組合プログレス
【サービス】
 各種法律相談、手続の代理
 (法務、税務、知的財産、登記、労務など)
【メンバー】
 税理士 海野裕貴
 弁理士 馬場資博
 不動産鑑定士 河野栄一
 その他、弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士等
【対応地域】
 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県等、
 関東全域

ブログカレンダー
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930