東京・神奈川・埼玉・関東全域対応:弁護士・税理士・社労士・弁理士などの専門家集団による企業支援のプログレスです。

再調査(不動産鑑定士 河野)

現在、千葉県某所にあるマンションの鑑定評価を行っています。

仕事を受注したのは3月初旬でした。
ところが・・・悪夢の大震災・・・

鑑定評価の対象となったエリアは津波の心配はないのですが、
地盤が弱い場合には液状化現象や建物被害が懸念されます。

そうなると、一度は地震前に現地を確認してあるものの、
やはり再確認をした方がいいに決まっています。

今回の場合、余震が続いたので、「もしかしたら今度こそ液状化が・・・」
といった心配を数回してしまい、結局、合計3回の現地確認作業となりました。

でも、幸いにも、対象物件はとても頑丈でした。
管理組合が現在調査委託中とのことでしたが、外観で判断する限りにおいては
格別問題はなさそうです。

周辺をみてみると、概ね同様の状況。
しかし、近くの某レストラン前にはやはりありました。

                            【下水道マンホールが隆起している】

                               【歩道が裂けている】

鑑定評価は不動産の時価を査定することなので、このような事態はとても悩ましいのです。

不動産鑑定士 河野 栄一

 コメントをどうぞ



 
LLPプログレスのご案内

【名称】 有限事業責任事業組合プログレス
【サービス】
 各種法律相談、手続の代理
 (法務、税務、知的財産、登記、労務など)
【メンバー】
 税理士 海野裕貴
 弁理士 馬場資博
 不動産鑑定士 河野栄一
 その他、弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士等
【対応地域】
 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県等、
 関東全域

ブログカレンダー
2017年9月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930