東京・神奈川・埼玉・関東全域対応:弁護士・税理士・社労士・弁理士などの専門家集団による企業支援のプログレスです。

地価の動向(不動産鑑定士 河野)

不動産の地価は、3.11東日本大震災の影響をどの程度受けたのか?
この問いについては、不動産鑑定士がはっきりと答えを示す必要があると思います。

みなさんのなかには、地価公示や地価調査という指標の存在をご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

地価公示は、毎年3月中旬に国土交通省が発表する地価指標で、地価調査は、毎年9月中旬に各都道府県が発表する地価指標です。

これらはいずれも不動産鑑定士が地価の調査を担当しています。
地価公示は震災日(3月11日)以降に発表されたものなのですが、価格時点(価格判定の基準日のこと)が1月1日なので、震災前の状態における地価だったんですね。

しかし、今度の9月に発表される地価調査では、価格時点が7月1日なので、震災の影響をどのように判定するのか、関係者は固唾を呑んで見守っていることでしょう。

私達不動産鑑定士にとって、調査能力が世間に問われる機会となりそうです。
私達不動産鑑定士も、それを意識して、いつも以上に一所懸命に調べています。

今日も作業エリアでグルーピングされた不動産鑑定士の会議がありました。
そのなかで、現在時点における情報交換が行われました。

詳細は守秘義務上お伝えできませんが、決して楽観視できる状況ではないことは誰でも容易に推測できることでしょう。

不動産の地価は、日本経済と密接に関連しています。
地価が上がれば経済も活性化するし、経済が上向けば地価も上がります。
必ずどちらが先というものではありません。

いずれにしても、地価調査が発表されるまでのこれからの数カ月間は、不動産鑑定士にとって、社会的使命を賭した、まさに勝負の時だと思います。

不動産鑑定士 河野栄一

 コメントをどうぞ



 
LLPプログレスのご案内

【名称】 有限事業責任事業組合プログレス
【サービス】
 各種法律相談、手続の代理
 (法務、税務、知的財産、登記、労務など)
【メンバー】
 税理士 海野裕貴
 弁理士 馬場資博
 不動産鑑定士 河野栄一
 その他、弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士等
【対応地域】
 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県等、
 関東全域

ブログカレンダー
2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930