東京・神奈川・埼玉・関東全域対応:弁護士・税理士・社労士・弁理士などの専門家集団による企業支援のプログレスです。

弁理士:馬場資博

line

image

弁理士:馬場資博(ばば もとひろ)

馬場国際特許事務所 所長

株式会社アートラック 代表取締役


   特許の仕事

企業で生まれた発明を、発明者や会社の代理人となって特許庁に出願する、という特許業務が主な業務となります。

具体的には、まず、発明者から新しく開発した技術の内容をヒヤリングして、その中に存在する発明要素(権利化した方がよいと思われる技術)を抽出します。

そして、権利範囲は文章で決まりますので、その発明が広くて強い権利をとれるように、応用例や回避技術を検討しつつ、権利を要求する文書と、技術内容を詳細に説明する文書及び図面からなる、出願文書を作成します。

従いまして、発明者が「もの」として作り上げた技術に内在する「発明」を、「文章で作り上げる」ということが主な業務となります。

   商標の仕事

会社名や商品名・サービス名といった商標を、会社の代理人となって特許庁に出願する、という商標業務も1つの業務です。

会社名や商品名となっている文字やマークを保護することで、当該文字やマークに蓄積された・蓄積されうる「信用」を守る、という業務となります。

   その他のしごと

海外における特許権・商標権の取得や、デザイン(意匠)の登録も弁理士の業務となります。

また、著作権や営業秘密の保護などに関する助言等も業務となります。

   「好き」が高じたわたしの専門について

■特許業務

機械(構造物全般)、機械制御(ロボット、メカトロニクス)

コンピュータプログラム(IT技術全般)

■商標業務

■外国業務

米国、欧州、中国における特許等の権利取得業務

コンピュータが昔から好きであり、機械工学の中でも、機構、電気回路、プログラムを一度に扱うロボット技術を専攻していました。その経験と興味もあって、現在では、機械とIT技術全般の特許を専門分野としています。

また、商標業務については、調査時におけるデータベースなどの検索技術が、登録の成否を左右します。この点でも、コンピュータを得意することが生かされ、高精度な調査を可能としています。

   弁理士に なれてよかったこと

常に新しい技術に携われる、ということです。昔から新しいもの好きという性格もあって、発売前の製品を見るとわくわくしてしまいます。もちろん新しい技術の勉強の毎日ではありますが、それが非常によい刺激となっています。

   休日は野球とビールとまなむすめ?

最近はもっぱら観戦のみですが、試合前の守備練習(ノック)を見るのが好きです。

このときにプロ選手のうまさを一番感じます。また、野球場で聞く生のトランペットの音が好きです。

日本各地の地ビール、世界のビールを味わうことが好きです。

いつかは地ビール工場を開いてみたい。

   経歴

昭和50年 埼玉県生まれ

平成 6年 埼玉県立川越高等学校 卒業

平成10年 明治大学理工学部機械工学科 卒業

平成12年 明治大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士前期課程 修了(工学修士)

平成12年 高橋内外国特許事務所 入所

平成14年 弁理士登録

平成17年 馬場国際特許事務所 開設

Sample 



 
LLPプログレスのご案内

【名称】 有限事業責任事業組合プログレス
【サービス】
 各種法律相談、手続の代理
 (法務、税務、知的財産、登記、労務など)
【メンバー】
 税理士 海野裕貴
 弁理士 馬場資博
 不動産鑑定士 河野栄一
 その他、弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士等
【対応地域】
 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県等、
 関東全域

ブログカレンダー
2017年12月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031